投稿

お疲れさま。

イメージ
ひなたちゃんのお宮参り。

遠方からのご来店ということで、お疲れのところ、撮影が始まるとなったら目をさましてくれたひなたちゃん。

今の内にということで、多少眉間にしわもありましたが、上手に1人写しを。

その後は、また眠気に襲われておやすみなさい。
みんなに「起きてー、起きてー」と声をかけられてましたが、それはそれは気持ちの良さそうな寝顔でございました。

朝から主役の一日。
ひなたちゃん、お疲れさまでした。
帰りの車ではしっかりお休みください。


写真は起きてる時の。
こういう意思を感じる眼差し、好きです。

知らない伝統。

イメージ
せいたくんのお宮参り。

ご自宅でのお宮参り。
地域性もあるのか、ご親戚も集まってなかなか盛大。

ということで、まずは自宅で1人を。
お腹いっぱいで眠たかったところでしたが、せいたくん、なんとか目をさましてくれました。

そして、お家で撮った後は氏神様のところへ。
これがまたなかなかの山の中で、お参りの仕方も独特。
お社がいくつもあって、それぞれお参りした後に建物の周りをぐるっと歩きます。

今日は天気も良くて、たくさんの緑に囲まれた場所で、我々もとっても気持ちよく撮影ができましたが、おばあちゃんは赤ちゃんを抱いて歩いて回るのは大変だったかもしれませんね。

それにしても、同じ”市”に住んではいますが、地域が違えばいろんな伝統というかしきたりというか、知らない作法がたくさんありますね。
自分の住んでる地域でも、知らないこと、たくさんありそうです。

お参りの後は、お家でお祝い会。
せいたくん、沢山の人に祝ってもらって、元気に大きくなってね。

あ〜機嫌悪そ〜。

イメージ
ゆうとくんのお宮参り。

ゆうとくん、撮影が始まって早々に大泣き開始。

ちょうどご機嫌の悪い時間帯だったかな?
あと、生後3ヶ月を過ぎたということで、色々と分かってきてるみたい。
お父さんお母さんに抱っこしてもらってしばらくしたら、泣き止んでくれます。

お父さんに抱っこしてもらった時は、「あ〜あ〜」と言うゆうとくんに、「あ〜あ〜」と応えるお父さん。そしたら、ゆうとくんはエヘッと笑って「あ〜あ〜」。

完全にお話しておりました。

これはもご機嫌もなおったね、と思ってまた1人で撮ろうとしたのですが、それはまた別の話。
まぁでも、泣き止んだ隙もあったので、どっちの表情も撮れてそれはそれはよかったです。

ということで、写真はご機嫌の悪いのがよく分かるやつを。
あ〜機嫌悪そ〜(笑)

返事してもらった。

イメージ
いちかちゃんの七五三。

昨年はちびロケ通学路で撮影させてもらったいちかちゃん。
その時は恥ずかしいの満点でしたが、1年経つと変わりますね。

今回はこちらの問いかけに返事もしてくれました(笑)

何度めかの撮影なんで慣れてきたってのもあるでしょうけどね。
後半になるほどはっちゃけてきて、本領発揮。
ちょいちょい出てきた変顔も撮ってしまいました。

帰る時には「楽しかった」と感想をくれたので、こちらとしても何より。
また遊びに来てくれると嬉しいですねぇ。


個人的には写るつもりじゃなかったっていうお母さんと一緒に撮ったカットが好きでしたが、お母さんは掲載NGなので、1人のカットで。

それもそうだ。

イメージ
今日の今年の私。

最初は写真を持ってきていただいて、「この写真から遺影を作って欲しい」とおっしゃっていただいたんですが、「全然お元気ですし、一度撮影されたら」とおすすめしました。

そしたら、「それもそうだな」と本日いらしてくださいました。


ちょっと緊張してるとはおっしゃってましたが、最初からとってもいい表情。
ポケットに手を入れたポーズもご自身から。

いつもこちらからおかしくならないようポーズを付けるのですが、やっぱり自発的にしていただくポーズが一番自然です。

その気になるって大事ですね。


お陰さまでいいお顔のカットが色々撮れまして、あとはセレクト。
さて、どのカットを選ばれるのでしょうか?

よそ行き。

イメージ
おとちゃんのお宮参り。

ちょうど起きててくれたおとちゃん。
かわいいケープを身にまとって撮影開始。

でも、実はお腹が空いてたみたいで、途中でミルクタイム。
ある程度お腹が膨れたら、次はねむねむ。

まぁ、そりゃそうだ。

お持ちになったベビーリングを撮る頃にはおやすみなさい。
でも、その組んだ手がかわいかったので、そのまま撮らせてもらいました。

帰る頃にはスッキリした顔で起きてたおとちゃん。
お家ではよくギャン泣きしてるそうなので、今日はよそ行きだったかもですねぇ。

おとちゃん、お疲れさま。
帰ったらギャン泣き、張り切ってどうぞ(笑)

今年の私 2017

イメージ
60歳以上の方限定、今年の私、やっております。

遺影用に、といらっしゃる方が多くなってきました。
元気な姿を残しておくのは、そういう意味でも大事ですね。


岡本写真館
http://okaphoto.com